Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2008年04月06日

【大阪三冠】 ま た 大 阪 杯 か 【宝塚で会おう】

さてと。
もうタイトルつけただけで、やりきった感がイッパイのこのレースを予想しましょうw

ダイワスカーレットが1番人気ですが、まぁこれは至極順当な人気でしょう。続くメイショウサムソンも大きく離されるでもなく、復活が待たれるドリームパスポートと一応の菊花賞馬アサクサキングスが後を追うと。順当です。

うーん、結果も順当なんではないでしょうか?

まずは大阪杯というレースの性質。
年間グランドスラムを達成したオペラオーや、前年秋天馬ネーハイシーザーが、有馬以来のココを使って、圧倒的人気を背負って馬券外へ敗れた歴史はありますが、大抵は人気の実績馬が強いレースです。
昨年の有馬は、次節にストレスを持ち越すようなタフなレースだったかと言うとそうではなく、逆に人気馬が疲労を吐き出す結果でしたから、好走馬にマイナス要因が出る事はなく、それは日経賞のマツリダゴッホの圧勝からも証明できるでしょう。

そして、牝馬であるという視点から歴代最強牝馬達との比較も可能な訳ですが、タイプとしては荒々しさ全開のヒシアマゾン(これはむしろウオッカ)よりは、やはり勝つべきところはしっかり勝ったエアグルーヴなのではないかと思うワケです。

フェブラリーを外傷で直前回避した事により、調整期間が無駄に長くなり過ぎている不安はありますから、むしろこの後のG1戦線に影響が出る可能性はありますがそれはまだ先の話。
アドマイヤメイン、ヴィクトリーという暴走車2騎の存在で、展開面の不安も取り沙汰されていますが、これもむしろおあつらえ向きのペースメーカーで有難いじゃないかと思います。


むしろむしろむしろ、不安なのはサムソン…と言いたいトコですが、こちらもここで蹴っ飛ばす馬ではないですね。

一連の成績から、春は好調、秋が不安と言うような論調もありますが、さすがにこれはよく分からない主張だけに、疲労に対する弱さと言う方が説得力があります。
思うにサムソンは、体力面に依存した走りをするタイプなのにL質が強い面があり(年々L化が激しい)、その弊害が連続してレースを使う事によって顕在化してるのではないでしょうか?

思えば休養明けの秋天の完勝劇から、にわかにポジション取りが苦しくなったJCでの走りで、有馬への不安を気付くべきだった気がします。


ドリパス…少頭数大外。宝塚で念願のG1初制覇ヨロシクw

アサクサキングス…うわーここ惨敗次走大幅延長ホワイトマズルうわー。


◎ダイワスカーレット
△メイショウサムソン
△ブライトトゥモロー


中山11Rダービー卿チャレンジT

今年は何かいいメンバーな気がするのは、路線が多岐に渡っているせいか?
中山マイルに良績があってリズムも悪くない人気馬が、なんでこう負けるんだろうと言うのがこのレースなんだとは思うが、分かっていても切れないんだよなぁ。

◎キングストレイル
○マルカシェンク
▲リザーブカード
△カンファーベスト
△ショウワモダン
△シンボリグラン

騙されて人気馬から買う。
posted by 若狭 at 02:32| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92389730

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。