Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2013年12月30日

2013年 深夜アニメ ベスト10 Cパート

3位 <物語>シリーズ セカンドシーズン
原作 西尾維新
総監督 新房昭之
制作 シャフト

うーん、やっぱここでいいかなぁ。
ちょっと味わいきれなかったっスね。


2位 ガッチャマンクラウズ
監督 中村健治
シリーズ構成 大野敏哉
制作 タツノコプロ

という事で、シャフト超えは2本。
ネットによって可視化された私達の心が起こす、答えの見つからない様々な問題。
広大になりすぎて多様化し続ける世界にもなお求められる、孤高のリーダー像。
その2つについて考えながらこの作品を描いたと言う監督のコメントに、視聴前から大いに期待していました。
が、1話2話あたりで今一つそのメッセージを感じ取れず、絵的な好みの問題もあって途中リタイア。
7話くらいから視聴復活して、見事大絶賛掌返しであります。
こんなテーマを正面から受け止めてアニメを作ったというだけでもね、ホント素晴らしい事だと思います。
哀しみを避けられない結末を予期しつつ、それでも何かが見えるのではと、こちらも真摯な姿勢で、そしてアニメ本来の楽しみの要素も損なう事なく、最終回まで希望を膨らませながら見ることが出来ました。
2期の制作も決定しているという事で、そこでは是非はじめちゃんのバックグラウンドなんかも描いてもらって、さらに深みある作品となる事を期待しております。


1位 げんしけん二代目
原作 木尾士目
監督 水島努
制作 プロダクションI.G

とにかく私はマイノリティーである事、あろうとする事が大好きであり、マイノリティーの悩み抱える問題の本質が極々一般的である事を繊細に描く作品が大好きなのであります。
いまやオタクの保守本流と相成った?腐女子の大学サークルに送り込まれた、面倒くさい男の娘とオタクの元本流を中心に、楽しい楽しい大学生活の理想像を堪能できる傑作でございます。
けっこう残念な最終回であった事は原作未完という事で目をつむり、今はコミックで彼らの行く末を見守る日々でございます。


以上!来年は頼むで、ガンダムUC!
posted by 若狭 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。