Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2013年12月30日

2013年 深夜アニメ ベスト10 Bパート

10位 進撃の巨人
原作 諫山創
監督 荒木哲郎
制作 WIT STUDIO

9位 ジョジョの奇妙な冒険
原作 荒木飛呂彦
ディレクター 津田尚克 
制作 david production

8位 ちはやふる2
原作 末次由紀
監督 浅香守生
制作 マッドハウス

はい。
この3つは自分の中ではメジャー作品でもう別枠、みたいな括りになります。
13年ってどんなのやってたかなーと思い出す時に最低限挙げとかなきゃ、みたいな。
ちはやは原作まだ読んでないなあ。いかんいかん。


7位 AMNESIA(アムネシア)
原作 オトメイト
監督 大橋誉志光
制作 ブレインズ・ベース

ゲームのアニメ化モノはやらない関係もあって、途中でもういいかなってなるのが結構あるんですが、いわゆる乙女ゲーの底力をこの作品で感じました。キチガイの底力w
ネタ満載のキャラ達があくまで愛されてる、製作者が馬鹿にしてない印象を受けるというのが、自分の中では大事です。


6位 のんのんびより
原作 あっと
監督 川面真也
制作 SILVER LINK.

にゃんぱすー。
流れる時間のゆるやかさを満喫できる、田舎の日常郷愁萌え作品。
まあ第4話で最高にやられますわな。


5位 RDG レッドデータガール
原作 荻原規子
監督 篠原俊哉
制作 P.A.WORKS

角川文庫創刊65周年記念作品。
スピリチュアルなファンタジー加減にカドカワっぽさがよく現れている学園恋愛モノ。
地味で内気な女の子ほど清らかで強く大胆な芯を持ち合わせてるの、だから分かって私の王子様!みたいな空気をどう受けるかで評価は分かれるのかも知れませんが、私は汗を掻きつつ楽しむことが出来ました。
激おこ泉水子ちゃんは必見。


4位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
原作 渡航
監督 吉村愛
制作 ブレインズ・ベース

ぼっちにブレない主人公が、読んでるぼっちから「どこが間違ってんだよ」と妬まれつつ憧れられてしまう、捻くれ者のバイブル的学園ラブコメ。
非常に今風だなあと感じる、コチラは完全なオトコ視点の私小説(ラノベ)と言えるのでは。


あ、ササッと4位までいっちゃったね。
posted by 若狭 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。