Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2012年12月30日

2012年 深夜アニメ ベスト10 上位

あ、評価基準としてはですね、毎週観ている中でああ早く次回が観たいなあと楽しみにしていた順、と考えて頂ければ。


第5位  謎の彼女X

原作 植芝理一
監督 渡辺歩
制作 フッズエンタテインメント
期間話数 12年春 全13話

よだれという変態要素をクリアしないと、この甘酸っぱくピュアなストーリーを堪能出来ないというパラドックスw
昭和のかほり漂う、良作学園ラブコメ。


第4位  灼眼のシャナV -Final-

原作 高橋弥七郎
監督 渡部高志
制作 J.C.STAFF
期間話数 11年秋&12年冬 全24話

J.Cさんは、とっても頑張ったと思うんだ、うん。
最後までド高いテンションを保って、素直に面白かったと言えるレベルまで挽回を果たしたという感じ。
大団円でみんな幸せ。


第3位  ヨルムンガンド

原作 高橋慶太郎
監督 元永慶太郎
制作 WHITE FOX
期間話数 12年春&秋 全24話

アーミー的な作品に関しては、武器とともに描かれるシリアスで現実的な問題を、いかにドライに、クールに表現しているかが重要だと思います。
ごつい拳銃やマシンガンに対して、いかにその用途の真実を実感させる事なく、ガキんちょが抱くが如く純粋な興味を持たせるか。
この作品のようにそれがクリアされていれば、この作品のように面白くなるという事でしょう。ヨナかわいい。


第2位  TARI TARI

原作 EVERGREEN
監督 橋本昌和
制作 P.A.WORKS
期間話数 12年夏 全13話

定番とも言える学園青春ドラマを、細部まで行き届いた描写で丁寧に作り上げていて、視聴後の満足感が非常に高かった作品。
5人それぞれのキャラは個性的でブレがなく、彼女たちを取り巻く家族・友人・教師との関係性やその繋がりもよく練られており、物語の構成にジンワリとよく染み込んでいます。
一つ一つのエピソードにもいちいち膝を打って、見ているコチラも一緒に笑ったり悲しんだり。
清く正しく美しい、良作のお手本と言えるのでは。
いかにも田中が言いそうなダメフォロー発言に対して、元気な女子ペアが容赦なく罵倒し倒すシーンは特にお気に入りですw


第1位  偽物語

原作 西尾維新
監督 新房昭之
制作 シャフト
期間話数 12年冬 全11話

これはもう、にわかシャフト信者と言われようが何だろうが、今年のナンバー1で間違いない。
ライトノベル原作の、いわゆる「物語シリーズ」アニメ化第2弾作品であります。
レトリックと呼ぶにはやや砕けた、ダジャレで済ますには妙に練りこまれた表現で紡がれる会話の数々。
その延々と続く言葉の戯れに、ワル乗り状態一歩手前まで付き合う、数多の前衛的アニメ表現。
文句なしの至高の極み。いとをかし。


うーむ。新房シャフトが覇権から脱落する日は来るのでしょうか…。すでにランキングの意味がなくなってきた感はどうだw
来年もアニメは楽しみです。
posted by 若狭 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310589998

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。