Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2010年05月02日

けいおん!!メンバーと淀で待ち合わせしたから、今日は早く寝ないとな。

とりあえず、書きながら本命決めるかw



京都10R天皇賞・春


面子の感じからオッズは混戦模様かな…と思いきや、単も連もフォゲが磐石の1人気をキープ。
少し離れた残りのA人気2頭には、前走ブエナとドリジャの間に割って入ったジャガーと、昨年優勝馬キッツが選ばれた…と。

要はアレですな。ステップレースがどれもカオスでよくわかんね状態っていう。


それにしても分かり易いA人気。思わずこの三連複一点は、予想に関係なく買っておこうと決めたくらいw

しかし予想となればこの3頭、ぶったぎりである。うは。


そもそも、ダンス産駒御用達の重賞ふたつを連対し、1人気1着とはいえG3ハンデ戦(しかも非トップハンデ)を臨戦にしてきたような馬が1人気では、やはり買えない。
昨年一年間を使い詰めてじっくり上り詰めた、陣営期待の良血の2クール目初戦である。扱い的にはG1勝ちくらいの実績は欲しい場面で、善戦するのが精々だろう。

また、6歳ながらわずか16戦のキャリアで平均着順2.9という素質馬は、まあゆうてもジャンポケサンデーである。
勝ちたいなら、もったいぶらずに函館札幌使いなさいよと。G1取るにはあと一歩…二歩三歩…の体力の無さが成績に現れているだけに、ココは苦しい。

そして昨年覇者。無念にも、前走A人気が5頭以上(今回7頭)いる中での唯一節目超えA人気。飛び確定である。
ちなみにこの法則にも名前つけた。ずばり「∀(ターンエー)の法則」。もちろん観ていないw


さて、それでは過去好走例さえ無い臨戦の馬が1人気という事で、レース質的に最も納得のいく馬をやはり本命にして、あとは夢馬券に想いを馳せる事としますw


◎メイショウベルーガ

最王道ステップを1人気で、ポジション取りの早仕掛け騎乗で着差無しの3着。
体力型の接戦負けは次走買い…コレはダンスオブゼロの発展系。

今の前残り全開の高速京都馬場には、血統的な硬さがあるフレンチサドラーにはジャストフィット。

○トーセンクラウン
▲エアシェイディ

輸送だけがやはり心配なので本命には出来ず。
対抗はこの血統でS質乗ってきた戦績が怖すぎる。ピサがG1取っただけに、もはやカニトップと言えど。
単穴は実績見ればむしろ最有力では。S質騎手も補強。

△ジャミール
△ゴールデンメイン
△ベルウッドローツェ

前残り怖いので、他にも先行組パラパラ買いそうな三連複◎○▲流し。



さて、刻の涙を見よう。
ラベル:天皇賞 予想 G1
posted by 若狭 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 10予想【G1】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。