Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2009年01月14日

アクセントとなるワンポイント縛りで、あなただけのクールな新春杯予想を演出!

タイトルに特に意味はありません。

日経新春杯。

ここ3年では出走のなかった、ハンデ58キロの馬が人気で出てきそうです。アドマイヤモナーク。
ドリームジャーニーはAJCへ向かうとか…残念。

舞台が京都2400mとなって15年目となりますが、今までに58キロ以上で出走してきた馬は7頭。

05年マイソールサウンド5人気7着
04年タガノマイバッハ2人気14着
03年エアエミネム3人気6着
02年ホットシークレット3人気2着
01年ステイゴールド5人気1着
99年メジロブライト1人気1着
99年シルクジャスティス3人気6着

連対した3頭とその他では、実績的に明確な線引きがありまして、それは

「過去に58キロ以上の斤量を背負って、G1複圏もしくは重賞勝利経験があるかどうか」

という事です。

58キロ以上での成績がよい順に並べていくと、ボーダーラインとなるのはホットシークレットとシルクジャスティス。

ホットはG1三着とG2三着歴。
シルクはG2二着&三着歴があります。

今年出走予定のアドマイヤモナークの成績は、シルクと同じくG2二着&三着のみ。
実は前年秋のローテも両者は全く同じで、データ的には今回のモナークはイラネって事になります。


…と言いたいトコロなんですが、実は微妙ですw

その理由として、ひとつはシルクの斤量は58.5キロだった事。
もうひとつは、シルクの前年秋成績は京都大賞典3着→G1三戦全て着外と、明らかにモナークより悪い事です。

よって結論。

シルクよりは走りそうだけど、ホットまでは…という、ズバリ3〜5着です。

買い方は、想定1人気をぶったぎっての馬連勝負が正解でしょう。

ではまた。
posted by 若狭 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 08-09携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112612411

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。