Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2008年11月28日

ジャパンカップが4頭立てになる経緯

予備校のホームルームにも去年書き、ケン坊さんにも散々しゃべったのに、自分のブログに一切書いてないのはイカンなと思い、しつこくもココにまとめておくワケであります。


・JC連対古馬縛り

「過去1年以内の2000m以上の混合G1に、最低一度の連対を含めた二度以上の掲示板歴がある事」

…この縛りを発見した競馬ブックさんは、本当に素晴らしいと思います。本当に強烈ですw
とりあえず、去年のアドマイヤムーンが過去1年以内という条件をブレイクしたのですが、ムーンには香港での2000m国際G1を3着した実績があります。

JC全記録を調べていくと何頭かは例外がおり、その例外馬のパターンを分類するとき、この国際G1歴は必ず必要になると思うので、こういう形で残すのがベターだろうとの結論。
他にも連勝とか初G1などの例外パターンがあり、完全にまとまれば複圏馬全てに適用できると思います。

今年は例外を匂わす馬もいないので、この作業はまた来年にw
残った馬はサムソンとウオッカ。

・JC三歳馬縛り

「牡牝三冠連対歴」

今のところはこれだけで。バルクとラフィン入れると、どうしてもこうなる。
例外エルコンなら納得出来るでしょう。
残った馬はディープスカイとオウケン。


という事で、今日は今年の外国馬の短評をば。買いたくない順にw

・シックスティーズアイコン
牡5歳で英セントレジャー勝ち馬。イギリスの菊花賞馬が以後G1実績を全く積めずにここまで来たワケで、買う理由がない。

・ペイパルブル
去年も走った牡5。英国馬とは言え、日本だけでなく凱旋門賞でもサムソンに勝てなかった馬。
その去年の内容が、出遅れてユル逃げチョウサン(合掌)を交わせず。
今年はG1実績積んでの出走だけに一考の余地ありも、父モンジューではやはりアウトかなと。

・パープルムーン
セン5。豪州の2戦がポップロックを彷彿とさせるが、重賞勝ちさえない馬で父ガリレオもちょっと。
とは言え、有馬も出走予定で日本狙っちゃうよ感はあるのでペイパルよりはという感じ。

・マーシュサイド
牡5米国馬。父はゴーンウエストで唯一の日本競馬対応。
カナダ主戦だけあって、マイルCSのラーイズアトーニー並に人気よりは走りそう。
持ちタイムの2200m2:13.5〜14.0は、今年の日本馬場と単純比較で準OP〜重賞相当とまずまず。


まぁ、週中にこんだけやるって事は、どれも買わないって事ですw


とりあえず、上の4頭用にネタも少々集めました。これを持って、明日の馬っ気予報に出陣しようと思いますw



(仮)ケン坊カイ坊の馬っ気予報

posted by 若狭 at 01:46| 滋賀 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 08馬話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕はやっぱりJCよりJKだな
JDだともう大人だし。
Posted by Z at 2008年11月29日 14:17
出来上がる寸前のものを強引に捥ぎ取るワケですね。オニですね^^
Posted by 若狭 at 2008年11月29日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110315301

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。