Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2008年10月26日

燃える闘魂VS死亡遊戯ってか

ただでさえ勝つ馬を探すのが難しい、今年の菊だと言うのに、勝利騎手には闘魂注入ビンタありますとか…これじゃ予想できませんねw


京都11R菊花賞

調教チェックの代わりに三連複人気指数をば。前日最終から。

14オウケンブルースリ
11マイネルチャールズ
10スマイルジャック
06ダイワワイルドボア
07スマートギア
08ノットアローン
02ロードアリエス
02ベンチャーナイン

B組の序列が難しいが、この3頭がB組なのは確か。
単人気も、最終的には「ダービー2着馬」物色がモノを言うと推測しますがどうでしょう。

条件馬の1人気には頭を悩ませますが、1000万勝ち馬を含めてようやく前走A人気が5頭のみという、実績も勢いもないG1。
切るなら神戸B人気完敗からの節目超えジャックでしょう。ニッコリ笑ってサヨウナラ。

そして残った2頭を眺めながら、今夏最大の上がり馬オウケンも春勢力では上位のポテンシャルを持ったブラックシェルに負けてるし、かと言って同じく春勢力上位のチャーリーは札幌記念惨敗なんだよなぁ、このバランスをどう取ろうかなぁと思いつつ、じゃあとにかく大きくイッタレーと最低人気を本命にしてみた次第であります。

◎ホワイトピルグリム

実際春勢力の中には、リズム的にコレは苦しいだろうという馬も数頭いるのに、それらを差し置いて、1000万勝ちからいきなり古馬混合重賞へぶつけた厩舎期待の馬に、この人気はない。

単に結果として見ても、札幌記念0.9差6着と朝日チャレンジC1.0差7着とに隔たりは全くないし、何よりクロフネ産駒の同馬にとって、このメンツ的ダウン状況は大きな武器になる。
それはオディールのオークス巻き返しやブラックシェルの春G1連続好走、ポルトフィーノの休み明けでの異常な強さ等、今年のクロフネ産駒三歳勢が発揮する豊富な量による走りを見れば分かるだろう。

母父であるエリシオにしてもそうだが、個体によってダートを含めた得意条件はマチマチで、その得意条件さえ揃えば何度でも好走するのが両者の最大の特徴。
その特徴には物的条件を凌駕する量の存在がやはりあり、唯一の不安である距離に対しても、初距離であり全馬にとってそうだったと言うような依存的な理由でなく、この馬自身が自らの武器で克服するだろう。

○ノットアローン

狙うはタキオン産駒三冠達成w

マジメな話、タキオン×ミスプロ×ヌレイエフという見事な量系まとまり血統。着順にも充分すぎる安定感がある。

セントライトは落馬の影響でレースの後ろが壊れているだけに、結果は額面通りには受け取れない面もあるが、菊とはズレた傾向のあるトライアルを勝ちきってしまったダイワよりは期待できる。

関西の舞台で馬体も戻るだろうし、腐っても春勢力の中堅馬。いやしかも腐ってない。ノリでゆったり先行着付け。

▲ミッキーチアフル

アローンと共に、ポコポコと抜けた世代上位馬の席を繰り上がり当選で狙う中堅馬。
今回は先行勢を全て見られる枠に入り、自らのペースを守る事には専念できそう。
ぶっぽうそう特別あたりを見れば、一介の逃げ馬でない事は確か。

△マイネルチャールズ
△オウケンブルースリ


三連複5頭ボックス。迷わず行くよ。
posted by 若狭 at 04:57| 滋賀 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 08予想【秋〜冬】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディープスカイがいなかったし〜(^^;

チャーリーはこのまま尻すぼみ?
Posted by Z at 2008年10月26日 17:45
いやー、今日は2・3着ともノーマークでしたから完敗です。

チャーリー…福島記念とかがいいのではないでしょうか?
Posted by 若狭 at 2008年10月26日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。