Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット キャッシング7

2008年08月24日

面白かったねオリンピック

しかしまぁ、去年は馬インフルエンザ、今年は五輪と、このレースには受難が続きますな。

札幌9R札幌記念

◎フィールドベアー
○マイネルチャールズ
△メイショウレガーロ
△アドマイヤタイトル

マツリダが2年連続の1人気。
面子は確かに落ちているが、調教後の馬体重も国内戦の時より随分落ちているのは気がかり。
ローテも去年と変わりなく、夏場の休み明けはどうか。ハズシてみる。


今日で終わるオリンピック。
リレーも良かったし、ソフトも好かったが、やっぱり何よりなでしこジャパンの奮闘は本当に感動しました。

3位決定戦。ドイツに2点目を入れられた時点で、チャンネルをソフトや野球に変えた人がほとんどだと思うけれど、この試合の見所はその後にあったと間違いなく言える。
観てるコチラはあきらめているのに、選手は懸命に1点を取りにいこうとしていて、実際何度かチャンスはあり、

「…確かに。1点入れれば…何かが起こるかも!」

と言う諦めない気持ちを、勇気を選手たちに見せてもらいました。
サッカーの試合を見る事でこの感覚を得るのは、本当に久しぶりでした。

野球や男子サッカーの不甲斐なさを尻目に、ソフトや女子サッカーが私たちに与えてくれるこの感動は一体何なのでしょうか。

男子はダメで、女子がスゴイから…。単純にそうも考えたが、どうも違う。

今回もソフトで超力投を魅せた上野投手は、月給17万らしい。
なでしこにしても、普段は生活のためにバイトに勤しむ選手ばかり。

そんなアマチュア選手よりも、相対的に考えて、何かを起こし得る技術や精神といった「力」を持つはずのプロ選手たちが、私たちに与えるものと言えば募るイライラばかりなのに…。

思えば、この「あきらめない気持ち」ってのは、ある意味アマチュア精神の究極と言えるのかも知れません。だからこそアマチュアスポーツの祭典(形骸化してはいても)であるオリンピックには多くの感動がある。

しかし、それじゃあプロ精神とは何なのかと。観ている人たちを唸らせ、感動させるのがプロフェッショナルじゃなかったのかと。

何なんですかね、プロとアマの違いって。
posted by 若狭 at 05:54| 滋賀 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 08予想【夏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プロよりも素人がイイです(・∀・)
Posted by Z at 2008年08月24日 10:28
真理がソコにありましたw
Posted by 若狭 at 2008年08月24日 14:58
素人真理教万歳。
Posted by ケン坊 at 2008年08月25日 03:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105240894

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。