2013年12月30日

2013年 深夜アニメ ベスト10 Cパート

3位 <物語>シリーズ セカンドシーズン
原作 西尾維新
総監督 新房昭之
制作 シャフト

うーん、やっぱここでいいかなぁ。
ちょっと味わいきれなかったっスね。


2位 ガッチャマンクラウズ
監督 中村健治
シリーズ構成 大野敏哉
制作 タツノコプロ

という事で、シャフト超えは2本。
ネットによって可視化された私達の心が起こす、答えの見つからない様々な問題。
広大になりすぎて多様化し続ける世界にもなお求められる、孤高のリーダー像。
その2つについて考えながらこの作品を描いたと言う監督のコメントに、視聴前から大いに期待していました。
が、1話2話あたりで今一つそのメッセージを感じ取れず、絵的な好みの問題もあって途中リタイア。
7話くらいから視聴復活して、見事大絶賛掌返しであります。
こんなテーマを正面から受け止めてアニメを作ったというだけでもね、ホント素晴らしい事だと思います。
哀しみを避けられない結末を予期しつつ、それでも何かが見えるのではと、こちらも真摯な姿勢で、そしてアニメ本来の楽しみの要素も損なう事なく、最終回まで希望を膨らませながら見ることが出来ました。
2期の制作も決定しているという事で、そこでは是非はじめちゃんのバックグラウンドなんかも描いてもらって、さらに深みある作品となる事を期待しております。


1位 げんしけん二代目
原作 木尾士目
監督 水島努
制作 プロダクションI.G

とにかく私はマイノリティーである事、あろうとする事が大好きであり、マイノリティーの悩み抱える問題の本質が極々一般的である事を繊細に描く作品が大好きなのであります。
いまやオタクの保守本流と相成った?腐女子の大学サークルに送り込まれた、面倒くさい男の娘とオタクの元本流を中心に、楽しい楽しい大学生活の理想像を堪能できる傑作でございます。
けっこう残念な最終回であった事は原作未完という事で目をつむり、今はコミックで彼らの行く末を見守る日々でございます。


以上!来年は頼むで、ガンダムUC!
posted by 若狭 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年 深夜アニメ ベスト10 Bパート

10位 進撃の巨人
原作 諫山創
監督 荒木哲郎
制作 WIT STUDIO

9位 ジョジョの奇妙な冒険
原作 荒木飛呂彦
ディレクター 津田尚克 
制作 david production

8位 ちはやふる2
原作 末次由紀
監督 浅香守生
制作 マッドハウス

はい。
この3つは自分の中ではメジャー作品でもう別枠、みたいな括りになります。
13年ってどんなのやってたかなーと思い出す時に最低限挙げとかなきゃ、みたいな。
ちはやは原作まだ読んでないなあ。いかんいかん。


7位 AMNESIA(アムネシア)
原作 オトメイト
監督 大橋誉志光
制作 ブレインズ・ベース

ゲームのアニメ化モノはやらない関係もあって、途中でもういいかなってなるのが結構あるんですが、いわゆる乙女ゲーの底力をこの作品で感じました。キチガイの底力w
ネタ満載のキャラ達があくまで愛されてる、製作者が馬鹿にしてない印象を受けるというのが、自分の中では大事です。


6位 のんのんびより
原作 あっと
監督 川面真也
制作 SILVER LINK.

にゃんぱすー。
流れる時間のゆるやかさを満喫できる、田舎の日常郷愁萌え作品。
まあ第4話で最高にやられますわな。


5位 RDG レッドデータガール
原作 荻原規子
監督 篠原俊哉
制作 P.A.WORKS

角川文庫創刊65周年記念作品。
スピリチュアルなファンタジー加減にカドカワっぽさがよく現れている学園恋愛モノ。
地味で内気な女の子ほど清らかで強く大胆な芯を持ち合わせてるの、だから分かって私の王子様!みたいな空気をどう受けるかで評価は分かれるのかも知れませんが、私は汗を掻きつつ楽しむことが出来ました。
激おこ泉水子ちゃんは必見。


4位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
原作 渡航
監督 吉村愛
制作 ブレインズ・ベース

ぼっちにブレない主人公が、読んでるぼっちから「どこが間違ってんだよ」と妬まれつつ憧れられてしまう、捻くれ者のバイブル的学園ラブコメ。
非常に今風だなあと感じる、コチラは完全なオトコ視点の私小説(ラノベ)と言えるのでは。


あ、ササッと4位までいっちゃったね。
posted by 若狭 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年 深夜アニメ ベスト10 Aパート

どうもどうも。

いきなりですが、今年はもうTVより映画の話題につきますね。「まどか☆マギカ 叛逆の物語」に尽きます。

まあ仕方がない。とりあえず、ベスト10以外の完走作品リストがコチラ。
2013年に放送完了したものが対象です。

サイコパスロボティクスノーツ新世界よりたまこまーけっとささみさん@がんばらないラブライブまおゆう魔王勇者翠星のガルガンティア惡の華はたらく魔王さま!俺の妹がこんなに可愛いわけがない。ゆゆ式這いよれ!ニャル子さんWとある科学の超電磁砲S有頂天家族プリズマ☆イリヤローゼンメイデン私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!京騒戯画ぎんぎつねワルキューレロマンツェ

えー、ベスト10加えると…31作品ですね。順調に毎年増えてますが、今年がピークかも知れません。

ロボノとかガルガン、魔王さま、イリヤあたりが次点という感じでしょうか。
前半だけなら…とか、絵的にはスゴイ満足だけど…みたいな感じで結構悩んだ事は悩んだので、層は厚かったんだと思います。
posted by 若狭 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。