2010年04月11日

けいおん!!と桜花賞って、やっぱ関連あるよね。見とけばよかった。

コース改修で外回りマイル戦となって4年目。

うら若き3歳牝馬達から連想される刹那的はかなさ加減が、その名称と舞台とにがっちりハマッて最も美しいG1であるなあと感じられたのは、すでに今は昔のお話でございます。

強い馬を勝てるようにしようじゃないかというレース。つまんねw

うそうそ。まあやりますよ。


阪神10R桜花賞


まぁしかし、誰が見ても強いと分かる馬だけが抜けた人気の、いわゆる二強戦という様相になってしまいましたねえ。

でもやっぱり関東馬の二強はないんじゃないですか?

片や3戦連続大外惰性好走の体力馬。
大外だからこそ惰性で走れたわけで、馬ごみ入れば空吹かしの体力切れ…という結果はあるし、鞍上もイカにもそんな事になりそうな…という、これは風の噂であります。

そしてもう片方は…これはこれは、素質満々、自信も満々のフトシ馬ではないですかw
そうでなくともジャンポケサンデー。貴重な精神力よりの馬ではありますが、それだけに体力を要するこの舞台で人気に応えるかと言うと、それはやはりハテナ?であります。

狙うなら、ある程度ローテ論に則った穴馬のカタチ。

まぁどの馬もクリアしきれないマイナス材料はあるかと思いますが、例えば阪神JFを人気で敗退した馬だとか、JF不出走の過小評価な良リズム馬とか、そんな馬を3頭選んでおきたいと思います。


◎タガノエリザベート
○エーシンリターンズ
▲コスモネモシン


やっぱサンデー系じゃないと心配かなーって事で、リターンは少し下げ。
前走以外は優等生的穴材料持つ、タガノのスペ的一発に期待してみます。



さ、ガンダムみるか。
posted by 若狭 at 05:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 10予想【G1】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。