2008年06月01日

しかし、ダービーというレースがすっかり大好きになりました

正直、サンデー時代のダービーというのは、レースを見て「ああ、面白かったね」とは言えたけれども、やる事といえばひたすらにレースが来るのを待つばかり。
こうしてゲートが開くまで、あれこれと妄想をめぐらせる時間が膨大に増えたのは、王道を歩む、誰に聞いても強い馬がビシッといる時代よりは楽しい事だなと、個人的には思ったりもします。

やっぱり競馬は予想してナンボだな、ウン。


東京10R日本ダービー

しかしながら、混戦すぎてレースのテーマが見えにくくなってるのも確かですなw
俯瞰した上から目線で、全体的な薀蓄を垂れるのが難しいわw

とりあえずは皐月賞馬不在であります。
まぁいても買わないし、レースに影響を与えたかも微妙なところだけに、だからどうしたという話だが、混戦のはずの今年の面子も、「行く。そして勝つ。」という意思をピリッと見せれば、二馬身半の差がついてしまう…。

つまり混戦と言うよりは、非常に不安定な馬ばかりが揃ったのが今年のダービーだと言えるのだろう。
思えば朝日杯もそうである。
もちろん、だからと言ってアグネススターチを本命にするワケでは決してないwさすがに来たら涙目じゃ済まんわw

騎手の明確な意思とか、馬場適性とか、人気節目とか。
とにかく何でもいい。自分以外の何かを味方につけ、自分の特性を最も活かしきれた馬が勝つ。ダービーも、そういう時代になったのではないのかなと。
そういう意味では「運のいい馬が勝つ」ダービーに回帰したのではないだろうか。そんな過去の時代までは知らないんですがね。

◎ディープスカイ

あれ?コイツ本命にしちゃったwこれはもう流れ上、仕方ない。
NHKマイルCを1人気1着。
おそらく間違ってないと思うが、ポストサンデー世代の馬がG1で1人気1着したのは、この馬が初めてなのではないだろうか。
そして今回も、ほぼ間違いなく1人気で確定。
この馬は、ダービーを勝つのに最も必要な「民衆の支持」を得て、強力に味方に付けていると言える。

マイルCの末脚は、あらゆる薀蓄を超えてダービー馬の称号に恥じないレベルだったし、蛇足的に薀蓄で補足させてもらうと、そのマイルCが意外なスローになったのもこの舞台に向かう上で何とも運があるなぁ、という感じ。

タキオン産駒だと言われれば、なるほど確かに、そのふくよかな走りは納得のそれであるし、コイツでよろしいのではないでしょうか。

○メイショウクオリア

当初の本命予定。あ、クオリアの意味、調べてくれました?

C系量タイプのマンカフェに着順重視ラーイという血統で、連勝リズムに加えて前走の相手が弱いというのは、二戦目で重賞3着歴ある以上、格好の過小評価・物色逃れ材料で、このあたりは自身の血統的特徴が最大限に活かされる場面。

きさらぎ賞は間隔空いた年明け初戦。外伸び馬場を先行失速で、最後は追わずに流しており、少なくとも前走だけでこの馬を弱いとするには、まだまだ未知な部分が多い。C系好きなら買うだろやっぱし。


むーん。書きたい馬がもういない。よって印は以上で。
今年もタキオンと岩田かw

それでは皆さんグッドラック!
posted by 若狭 at 06:57| 滋賀 ☁| Comment(7) | TrackBack(3) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。