2008年04月30日

ホントに今日ってスゴイ試合になるかねぇ?

確かにメッシやデコが復帰してたバルサにはビックラこいて、俄然興味は湧いていたのだけれど、先週の前半だって、どうにも勝負どころのパスワークはチグハグで、最強にヤバかったアノ頃とは明らかに違うしなぁ。
マンUは何度も言うけど、チカラワザ過ぎて好きくないし。

ま、どうなりますやら。


てなワケで春天展望つづき。

1人気はどうやらアサクサキングスで決まりそうだ、との事。
「菊花賞馬の春天1人気は、過去20年くらいなら100%崩れてない」
とのデータが出ておりますね。
「勝ち馬は4、5歳のみ」
というデータも合わせて、コイツは外せないのかな…という雰囲気になっております。

しかしですね、前年の菊花賞馬の春天1人気馬って、
シンボリルドルフ
メジロマックイーン
ビワハヤヒデ
ディープインパクト
…えーと、この4頭っすよ?

今年崩れるだろコレはwwwいくらなんでもwwwww

そもそもこの馬、他馬のほとんどが保有している
「2400m以上でのA人気勝ち」
という材料を持ってない。そんな馬が1人気…ないよ、ないない。

いや、正直ホントに1人気なのかな…という危惧はあるので、ここまでこき下ろしてしまうと心配なのだが、そういう人気ならアッサリぶった切りますと言う事でひとつ。

で、一応アサクサをテーマ馬とした場合に、他に材料はないかと見ていくと、簡単なところでは
「前走勝ち」
該当するのは3頭いて、
アドマイヤジュピタ
シルクネクサス
ホクトスルタン
それぞれ条件は違えど、どれもが2馬身以上離した完勝劇で怖いと言えば怖いが、シルクの前走はL系の真骨頂とも言える決まり手、スルタンは重賞実績のない条件上がりと言う事で、やはり本当に怖いのはジュピタ1頭と言えるでしょう。
一応、阪神大賞典を2馬身以上離して勝った馬は、20年くらいを見渡しても全馬複圏を維持してるようですし、禁断の1人気にならない限りは、馬券の軸もコチラから…が今のところ無難かなと。

ダスカ効果で、大阪杯の方がレヴェルが高いという評価が行き渡っているだけに、まず1人気もないのではという安心感もややあり。


そろそろCLでございます。また明日。
posted by 若狭 at 03:26| 滋賀 | Comment(2) | TrackBack(0) | 08馬話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

今週の考察時間はガチ

土曜日…仕事で脂肪。
日曜日…疲れ抜くのに精一杯、録画観戦で後付け。
月曜日…午後2時まで惰眠むさぼり、さらにゴロゴロ。

…と言うわけで、これからがGW本番の若狭でございます。

まぁとにかく、五日まで(六日は出勤)は休みなのである。自由なのである。そして予定も皆無であるw

そんな状況なんだから、春天くらいは当ててやろうじゃないかと。
なので今週は、チマチマと週中展望していきますので。

あ、ちなみに春天は、主にM単でご活躍中のやんさんと現地観戦でございます。同じく京都参戦の方はご連絡ください。


さて、では春天展望。

ここ5年の荒れ方はムゴいモンですね。
ディープの年はさすがに3着ストラタジェムくらいですが、やっぱクラシック・ディスタンスでやっててさえ順位がコロコロ入れ替わるんだから、3200mなら何をか言わんや…って感じでしょうか。

それでも今年は、去年よりはまともな面子。
今年の登録メンバーの中で、去年も出走していたのは6頭。着順と共に並べますと、
1着メイショウサムソン
3着トウカイトリック
4着アイポッパー
5着トウショウナイト
6着トウカイエリート
9着アドマイヤモナーク

で、去年だけ出走したメンバーが、
2着エリモエクスパイア
7着アドマイヤタイトル
8着ダークメッセージ
10着ファストタテヤマ
11着マツリダゴッホ
12着デルタブルース
13着ネヴァブション
14着ウイングランツ
15着ユメノシルシ
16着マイソールサウンド

今年だけ出走しそうなメンバーが、
アサクサキングス
アドマイヤジュピタ
アドマイヤフジ
アドマイヤメイン
サンバレンティン
シルクネクサス
ドリームパートナー
ドリームパスポート
フォルテベリーニ
ホクトスルタン
ポップロック

となっておりまして、去年は前哨戦馬券外敗退してるのにA人気入りする馬とか、中山2500特化型とか、他にも余力のない馬がほとんどだった事も加味すると、今年はポップや菊花賞馬がいるだけでもレベルは上がっていることは明白。

去年のような、ワケワカメな結果にはならないだろう…と言うのが第一印象であります。

とりあえずまた明日。
posted by 若狭 at 01:45| 滋賀 | Comment(2) | TrackBack(0) | 08馬話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

まだ起きてません

あっかーん。今週は全く予想できておりません。
これから昼飯食って、…もっかい寝るかw
ゆっくり復習しながら、来週に備えます。では。
posted by 若狭 at 13:09| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

わーもう今日終わっちゃうよ

仕事終わるのにエライ時間掛かった…。

只今、録画で今日の競馬を観戦中。
ダートにブーケフレグランスが出ててビビッたw

取り合えず、曜日埋めでアップ。また後ほど。
posted by 若狭 at 22:50| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

いやそんな事を言われても

えーとね、とりあえずサッカーの話をしますw

アーセナルとフェネルバフチェがほぼ同時刻に敗れたため、今年のチャンピオンズリーグの楽しみは終了。
まぁ、この流れなら優勝はマンUでしょうなぁ…。
得点王にはC・ロナウド。

そしてテベスもルーニーも出れない、ひと月後のユーロ2008で、俄然注目を浴びるポルトガルが、準々決勝でクロアチアあたりにアッサリ負けてアレアレー?みたいな感じかとw

あぁ、燃えないなぁ。ウイイレやりたいなぁ。

あ、ちなみにですね、会議場での出来事は「僕アルバイトォォォォ事件」という事で記憶しておいて下さい。
イライラ棒を振りかざす強盗カイジに、時給で働く36歳のオヤジ若狭が、壇上に飛び乗り魂の叫びを一発放ったと…w

…誰かログ取ってないのかなぁ。

しかし、仕事で疲れてマンネリ化した神経に、いい刺激を与えられました。
これからも、

「思って書いたら即ENTER!」

コレを実行していきたいですねw
ではでは。

posted by 若狭 at 00:48| 滋賀 | Comment(5) | TrackBack(1) | 08雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

エンピツ転がしました

中山11R皐月賞

いざキーボードを前にすると、途端に睡魔が襲ってくる…w
予想の筋道が全く立たないので、考える事も堂々巡り。
ハッキリしているのは、1人気で落ち着いてしまったチャーリー君を、わざわざ本命にする事はないだろうという事くらい。

…さて。

全く余談なのだが、本日のグリーンチャンネル。
パドック案内は水野由加里嬢かと思われるが、中山3Rのドンダケー号を「ドンダケー↑♪」と、いわゆる流行語そのままで呼びやがった。
萌え萌えじゃないか…全くけしからん…。

話を予想に戻す。

トライアルをそれぞれどう見るか。

若葉Sは人気馬2頭が不発もいいトコの大惨敗で、レース自体に影響を与える事が全くなかった。
ポテンシャルの評価が付けづらい馬ならまだしも、上位2頭はある程度レース数も消化しているだけに、実績的には買い材料がない。ここは無視を決め込む。

路線としては弥生賞組かスプリングS組かという事になるだろう。

弥生賞の捉え方が日を追う毎に変わっていった事が、今、予想をこれだけグダグダにしている理由なのだが、結論的には1人気ブラックシェルが2人気チャーリーを捕らえ切れなかったレースとして片付けたい。
2度敗戦していると言っても、今回は人気が逆転。
義務を背負うチャーリーは、ほとんど未対戦のスプリング組もまとめて相手しなければならない訳で、これを克服したらやはりブライアンズタイムだよってな事になるが、まぁそれは後付けで後悔する材料として脇に置いておく。

そして弥生組よりも下に見られているスプリングS組。
本命はコチラから付けるのがホントなのだろうが、こちらは穴馬台頭のクラシック路線の流れに、ガッチリと組み込まれているあたりが評価し辛い。
買うなら複勝圏を外した馬の巻き返し材料を探るべきだろう。

◎タケミカヅチ

全く意外な馬に本命を付けてしまったもんだと、自分でも驚き。
弥生の先行策が、この馬を改めて見極めるキッカケになったのだが、ここ数戦を見直して気付くのが、
「なんで今まで後方ポツンだったのだろう」
という事。
スタートは非常に上手い部類で、走りのテンションも高い。
いつでも先行できそうなタイプで、本来は父譲りの体力タイプだろう。
恐らく新潟2歳Sの1人気先行バテから、騎手があえて一連の戦法を取っていたと思われ、前走の緩い流れを切れ負けしたワケだが、先行活性化させたのはいい材料と言える。
母父マルゼンスキーで古いタイプの血統だが、ダービーよりはタイトなこのレース向きだろうと言うのが新評価。
外目の馬たちの出方に注目が集まる中、最強の鞍上と共に最内を回ってくるだけで、ポロリとボタモチが転がってくると見た。
まさに笑いが止まらない。

○ドリームシグナル

すでに出走権を得ていたスプリング敗退組からはコレか。
同じようなステップを経ているレインボーとは、何故か大きく人気差が開いた。騎手物色入っている馬よりは、断然コチラがよく見える。

以下、三連複のヒモにブラックシェル、ショウナンアルバ、マイネルチャールズを。
posted by 若狭 at 12:03| 滋賀 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

最近、土曜は休養日ですな

どうにも桜花賞のマイアショック(ハートオブクィーンもね)が抜けてません。出来ればこれからエフティマイアには好走を持続してもらって、
「ああ、レース間隔が空いてて手掛かりが無かったけど、復調してたんだな」
と、実感させてくれると納得もいくのでしょうが。

今日は阪神でマイラーズC。
特に予想しておりませんが、ハイアーゲームあたりが美味しいかなという印象。複勝でも買っておこうかなと。

皐月賞が未だ決まりません。今日の競馬を見ながら、ジンワリ決めようと思います。


以上、ダラダラと今日は予想お休みの報告でした。
posted by 若狭 at 12:31| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

回顧じゃないんです。

チューリップ賞に関して、調べるべきだったなと思った事が一つありましたのでその辺を。

ご存知の通りのエアパスカルまんまと逃げ切り。
チューリップ賞で、人気馬を尻目に伏兵がスイスイと…なんてのはよくある事で、さかのぼるとエイシンテンダー(05年)、ヘルスウォール(02年)、ジョーディシラオキ(00年)、エイシンルーデンス(99年)。
逃げではなかったりデムーロだったり不良馬場だったり実は2人気だったりと、形は様々ですが過去10年で4度も見てきた、ありきたりな姿だったワケです。

あまりにもありきたりだったが為に、それらのレースで実際人気だった馬とその着順、その直後の桜花賞成績なんかを、全く調べることなく今年の予想を進めていたんですよねー。

チューリップ賞の小歴史

05年1人気ディアデラノビア7着。連闘でフィリーズレビュー出走も4着で権利取れず、桜不出走。

02年1人気オースミコスモ2着(阪神JF2人気3着)。桜は2人気11着。

00年1人気チアズグレイス単勝1.8倍10着。2人気レディミューズ2着。桜はチアズ6人気1着、レディ2人気6着。

99年1人気ゴッドインチーフ2着(阪神三歳牝馬S1人気3着)。3人気プリモディーネ4着。桜はゴッド3人気4着、プリモ4人気1着。


どうって事はないんですよ。調べてたからって、今年の桜花賞は当てられるはずがありません。
ただ、調べてた自分なら、もっと何かに気付いてて、もっと面白い予想が出来て、もっとスッキリスッパリさぁ次週次週!と言えたなぁと思ったワケです。

それではまた週末。
posted by 若狭 at 23:33| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 08馬話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

声を出して言いたいレース名1。それが「桜花賞」

阪神11R桜花賞

さてと、いよいよクラシック開幕でございます。

第一弾桜花賞は、ポルトフィーノが血の因縁を思わせる直前故障で、無念の出走取消。
人気的にはトールポピー、リトルアマポーラ、オディールが、4倍台で並ぶ三強戦を形成しております。おそらく並びもこのままで確定するのでは。

案外話題になりませんが、3頭の父はそれぞれジャンポケ、タキオン、クロフネで、もはや伝説となったラジオたんぱ杯三歳Sの三強。
代理戦争と言う意味で、ここでも血の因縁が駆け巡っておりまして、いかにも由緒正しいG1だなぁとシミジミ感じております。

ふむ。
よく考えると、去年も三強戦だったんですね。
さすがにレベルは少し落ちますが、今年もこの中の2頭でワンツー…コレが妥当な気がします。トリプルA決着でもいいかな、なんて事も。

◎リトルアマポーラ

というワケで少し考えを変えて、タキオン最強w

実際のハナシ、今年の牡牝重賞戦線の一つの特徴として、東は関東馬、西は関西馬が、遠征組をキッチリと抑えて勝利しているのですが、唯一この馬だけが、遠征先の重賞を1人気で制している訳です。

そのクイーンCの勝ち方と馬体減、主要メンバーとの対戦がない事などが不安点として挙げられますが、基本的には素質の争いとなるクラシックで、一月半の調整期間とフレッシュさを維持できる異端路線は、本来好材料として取り上げられるべきものでしょう。

また、これまでの重賞戦線に話しを戻すと、そのほとんどで1人気馬が義務を背負って敗れていく結果となっており、その流れはG1で止まるものでは無いことも推測できます。

牝馬には負けていない、関西所属の混合戦好走経験ある異端路線2人気馬。
阪神JFでのポピー的立場に今回いるのが、このアマポーラと言えるでしょう。

○オディール

いきなりですが、最大のネックが前走の差し脚という事になります。
マイナス体重での休み明け位置取りショック、追い込みストレス。これが果たしてあるのかどうか。

不安への反論材料としては、チューリップ賞が特異なまでのスロー凡戦であった事を挙げられます。
ストレスという点に着目すれば、外枠から出遅れて後方追走し、ラスト2ハロンだけ脚を使ったこの馬と、内枠から好スタートし、馬群に潜りながら流れに乗って前を捕らえ切れなかったポピーでは、どちらによりストレスが残るのか。
そういう観点でいきたいと思います。

個体診断に限定しても、オディール自身は新馬→未勝利、りんどう賞→ファンタジーSと、叩き二戦目に必ずそのパフォーマンスを上昇させており、今回も充分その期待はできます。

そもそも連対馬体重は440〜442キロで、前走の脚質変更にしても、エリート路線を歩む流れの中で突如としてそれを成功させた違和感は、むしろ産駒イメージの枠超えとして好材料になるのではないか…。
そういう期待感を持ちながら、今度こそ流れを味方にして◎馬を凌いで勝利してくれる事を夢見ております、実弾リアルペーパーオーナーとしてw


ここは馬連1点か?
一応3着候補にはトールポピー、エイムアットビップ、ブラックエンブレムを。

posted by 若狭 at 04:44| 滋賀 | Comment(2) | TrackBack(0) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

新入生気分全開です

4月に入ってプチ異動。
仕事でやる事が一気に増えて、この週末はおとうふ脳もサビた体もすっかり疲れ果てておりますw

しかし、今日はアレなんですな。やるしかない。というワケで。


【連闘最終戦】ま た 大 阪 −ハンブルグC か【もう飽きた】

2500mの時代には、どちらかと言うと中距離志向の馬たちが勝ってきたこのレースですが、新装して距離短縮されたらファストタテヤマが勝っちゃったという、なんだか変なレースです。

阪神大賞典組ならダウン適性高い馬を、中京記念組なら延長適性高い馬を、まぁ当たり前の事ですが狙ってみようかなと。

◎メトロシュタイン
○シルクネクサス
▲バトルハートオー
△ニュービギニング

10分で予想しましたぶっちゃけ。


中山11RニュージーランドT

ゴスホークケンがいよいよ始動。
朝日杯と同条件ながら、休み明け外枠で馬場も違うとなると、ココは押さえに回しておくしかありませんな。

必然的にアサクサダンディが本命候補に回ってくるワケですが、前走スプリングSが皐月の権利獲り背水の陣だったことは間違いなく、おつりでもC系だしキッチリ複圏内には…とも思うが、やはり評価は少し下げたいトコ。

チラチラと500万下勝ち上がり組を見て、
・タキオン産駒
・芝経験あるダ実績馬
という、レインボーペガサスと同パターンのリーサムクラウンでトライしようかと思ったが、前走がダートという馬自体は例がないので(きさらぎ賞もそうだが)、これもアポロラムセスと共に却下。

三年連続で連対中のマイネル軍団は、今年は出走なし。

というワケで無難に。

◎サトノプログレス
○アサクサダンディ
▲ゴスホークケン
△ロードバリオス


阪神11R阪神牝馬S

◎カタマチボタン

ダンス牝馬らしく、タイト条件では体力が活きてくる。
リズムの途切れきっていない実績馬で、ここは狙い処に見えるが。


明日の雨は夜からで、この暖かさを考えたら桜は乾いた馬場でやれそうですね。堅いのかな。
posted by 若狭 at 12:54| 滋賀 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

【大阪三冠】 ま た 大 阪 杯 か 【宝塚で会おう】

さてと。
もうタイトルつけただけで、やりきった感がイッパイのこのレースを予想しましょうw

ダイワスカーレットが1番人気ですが、まぁこれは至極順当な人気でしょう。続くメイショウサムソンも大きく離されるでもなく、復活が待たれるドリームパスポートと一応の菊花賞馬アサクサキングスが後を追うと。順当です。

うーん、結果も順当なんではないでしょうか?

まずは大阪杯というレースの性質。
年間グランドスラムを達成したオペラオーや、前年秋天馬ネーハイシーザーが、有馬以来のココを使って、圧倒的人気を背負って馬券外へ敗れた歴史はありますが、大抵は人気の実績馬が強いレースです。
昨年の有馬は、次節にストレスを持ち越すようなタフなレースだったかと言うとそうではなく、逆に人気馬が疲労を吐き出す結果でしたから、好走馬にマイナス要因が出る事はなく、それは日経賞のマツリダゴッホの圧勝からも証明できるでしょう。

そして、牝馬であるという視点から歴代最強牝馬達との比較も可能な訳ですが、タイプとしては荒々しさ全開のヒシアマゾン(これはむしろウオッカ)よりは、やはり勝つべきところはしっかり勝ったエアグルーヴなのではないかと思うワケです。

フェブラリーを外傷で直前回避した事により、調整期間が無駄に長くなり過ぎている不安はありますから、むしろこの後のG1戦線に影響が出る可能性はありますがそれはまだ先の話。
アドマイヤメイン、ヴィクトリーという暴走車2騎の存在で、展開面の不安も取り沙汰されていますが、これもむしろおあつらえ向きのペースメーカーで有難いじゃないかと思います。


むしろむしろむしろ、不安なのはサムソン…と言いたいトコですが、こちらもここで蹴っ飛ばす馬ではないですね。

一連の成績から、春は好調、秋が不安と言うような論調もありますが、さすがにこれはよく分からない主張だけに、疲労に対する弱さと言う方が説得力があります。
思うにサムソンは、体力面に依存した走りをするタイプなのにL質が強い面があり(年々L化が激しい)、その弊害が連続してレースを使う事によって顕在化してるのではないでしょうか?

思えば休養明けの秋天の完勝劇から、にわかにポジション取りが苦しくなったJCでの走りで、有馬への不安を気付くべきだった気がします。


ドリパス…少頭数大外。宝塚で念願のG1初制覇ヨロシクw

アサクサキングス…うわーここ惨敗次走大幅延長ホワイトマズルうわー。


◎ダイワスカーレット
△メイショウサムソン
△ブライトトゥモロー


中山11Rダービー卿チャレンジT

今年は何かいいメンバーな気がするのは、路線が多岐に渡っているせいか?
中山マイルに良績があってリズムも悪くない人気馬が、なんでこう負けるんだろうと言うのがこのレースなんだとは思うが、分かっていても切れないんだよなぁ。

◎キングストレイル
○マルカシェンク
▲リザーブカード
△カンファーベスト
△ショウワモダン
△シンボリグラン

騙されて人気馬から買う。
posted by 若狭 at 02:32| 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

ダートの予想力、下降してるなぁ

昔は中山ダ1800とか、京都ダ1400とか聞くと、妙にムラムラしたモンですが…。
やっぱ賭ける機会が減ってくると、どんどん印象がなくなってくるんですかねぇ。

というわけで本日はお休み。
posted by 若狭 at 11:05| 滋賀 | Comment(3) | TrackBack(0) | 08予想【冬〜春】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

今週もやるしかないんだな

しかし、大阪三冠なんて誰が考えたんでしょうね。
こんだけ関連性のないシリーズも珍しいわ。

さて、この月末月初の忙しさでさすがに生観戦はあきらめ、只今CL準々決勝のローマvsマンU戦を楽しんでおります。
さっき、クリスティアーノ・ロナウドの強烈バックアタック・ヘッドが炸裂したトコ。やヴぇ。
なんか元からスゴかったメッシが、さらにスンゴくなってた所でまた怪我しちゃって、代わりにこの人が第三形態に入っちゃった感じ。

けどなぁ、やっぱ何か、マンUってメッチャ見たいってチームじゃないんだよなぁ。

あっ、2点目入っちゃった。アウェイで2得点、決まっちゃったかなー。
って、わおー!ロナウド、オラオラなドリブルからシュートは惜しくも左に外れる…。

そう、この、サッカーは所詮「個」の力だよオラオラ決めてやんよ感が、見てる方としてはアツさがないというか…w
こういうチームは絶対、好ゲームってないんだよなぁ。

という訳で、今日のアーセナルは生観戦予定。
最盛期のバルサをある意味超える、最も美しいサッカーが堪能できます。ロシツキーがいない?ので、それは言いすぎですが。

しかし。
トルシエ・ジーコ時代なら、我らが日本代表の面々もこの舞台の末席にいるんだなぁと実感できたけれども、現在ここは全くの別世界、異次元空間…。
今大会への「のめり込み具合」がイマイチなのは、そういう事もあるんだろうなぁと、若干の寂しさを感じながら、ひとまず布団を被ります。
posted by 若狭 at 22:00| 滋賀 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 08雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。