2006年06月23日

上を向いて歩くのだ

日本代表のW杯が終わりましたね。
ジーコジャパンのお祭りは、わずか一夜のはかなさだった。あっけなかったなぁ…。

各試合について様々な批判・課題が挙げられているけども、ハッキリ言ってオーストラリア戦については、ラスト10分で3点取られて逆転負け喰らっている状態では敗因もクソもない。
三戦終えてのジーコの会見がココにあるが、
『プロフェッショナリズムの欠如』
…とにかくこれが全てだと思う。
日韓大会ではすでに獲得していたと思えた王者の貫禄…とまではいかなくても、あの時には確かに感じた勝者の方程式=試合運びが、いつの間にやら消えてなくなっていたと言う事なのだろう。

足元系の基礎技術さえ向上していけば、サッカー先進国の仲間入りはもう目前なのでは…と思っていただけに、あの敗戦はドーハ以来のショックを味わわせてくれた。
クロアチア戦を引き分けた時点で、腕につけた青い輪っかも壁に掲げたサムライフラッグもスッパリ取りはずした次第だが、むしろあんな惨めな負け方をしても、そのあと1週間も輪っかをつけて出歩いて、少しは恥も共有せねばと思った自分はエライほうだなと感心したくらいだ。

いや、ちょっと言い過ぎた…仕方ないよね、何もかもが全て貯まっていく訳じゃないもんね。
あえて言うなら、守備コーチ雇う金をケチった協会が悪いんだろ多分。

ブラジル戦は1−4。
先取点取った日本は立派すぎ。初戦で失った楽しいひと時は充分にココで取り戻せたと思う。ペレの仏頂面とか最高だったじゃん?w

とにかく、ブラジル相手にただ勝つならまだしも、2−0で勝てばとか身の程知らなすぎ。早くジーコとサヨナラしたがってる人はニワカもいいトコで、神様を崇め奉らないニポン人は絶対バチが当りますから。

もう一度、足元から自分たちを見つめなおして、いちから頑張っていきましょうよ。
ガンバレニッポン、エイエイオー!
posted by 若狭 at 16:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 06日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

生きてます、バリバリです

いやいや、アツかったですねドイツ戦。
日本の2点目が入ったときは(ま、録画中継だからホントに入ったのは1時間前だった訳ですがw)歓喜のあまり、部屋の間仕切りにアタマぶつけて呻きながらブヒブヒ転げまわっておりました。
しかしそこからが開催国、最強国の底力ってヤツでして…。ドイツってのはW杯過去5回、決勝トーナメント進出を逃した事がない国なんですよね。この条件を満たしているのはドイツとブラジルの2カ国のみです。

試合全体の内容としては日本のパスワークが圧倒的に優勢で、連携の成熟を堪能できたワケですが、例えば前半なんかは顕著だったように、個人そのものの技術を見ていくとまだまだ差があるんですよね。
スンスケや小野以外にもマイボールを捕られない選手がどんどん出てくれば、日本サッカーも更なる進化ってのが期待できるんでしょうね。

さ、あと一週間でいよいよジーコジャパンのお祭りですよ。オーストラリアとの決戦の地はカイザースラウテルン、フリッツ・ワルターシュタディオン
なんかカッコイイですねドイツ語はw
年齢を重ねて、日本戦にイレコめるかどうかが少し懐疑的だったのですが、ドイツ戦で確信しました。君が代が流れたら、感極まって涙を流しそうですw

もちろん他の国、見れる試合は全て見たいので、一ヶ月のあいだはワタクシ、ニートとなる所存です。
競馬はほぼギブアップ。夢の時間が終わったら、頑張ってリハビリ服役につきたいと思います。

では最後に予想を掲載…

◎ポルトガル
豪華充実のタレント陣を勝利至上主義の名監督がサポート。
ユーロ2004を@人気2着から、物色逃れの人気節目割りで絶好。

○イタリア
頭を丸めたデルピエロに並々ならぬ決意。
伊サッカー界を救うヒーローには、タイガーマスクがよく似合う。意味なし。


ではではガンバレニッポン、ジーコジャパン!
samurai-blue 2006.jpg
posted by 若狭 at 02:35| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 06日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。