2006年03月01日

とりあえず擁護しとく

日本vsボスニア・ヘルツェゴビナは2−2の引き分け。

試合は1−0からの後半立ち上がり、右サイドをえぐりまくったボスニアが怒涛の2得点。レベルの高い個人技と連携で完全に流れを持っていかれてただけに、最後のスンスケクロス&ナカータヘッドは本当に値千金。今年何度かのテストを経てベストメンバーで挑んだこの一戦、結果はもの凄く重要だったと思う。

ちなみに『勝負運がある』と言う表現は、この得点が決まって初めて説得力のある言葉となり得るワケだが、そんな表現を日本の1点目だか後半開始前だかに持ち出したり、スローインからのサイド攻撃に『オフサイドではないぞ!』などと言い出す大馬鹿モンに、カン違いも甚だしい解説交じりの実況は100年早いわボケチンが!…という事だけはまず言っておきたい。

まあそんなヤツの事は放っておいて、

『擁護するのはサントス、三都主アレサンドロ。』

である。今日も後半、他愛もないファールでイエローをもらってしまい、恐らく今頃2ちゃんねるあたりで不要論全開のサントスだろうが、そんな事を唱え始める目先オンリー人間には、んじゃあサントスのファールで失点したり、レッドもらって試合をブチ壊したりした場面は幾つくらいあるの?と問いたい。累積やなんかで出場停止を喰らったのも、たぶんW杯予選のイラン戦だけだったと思うが、その試合はどんな内容でしたっけ?と問いたいのである。

中盤のタレント揃う今の日本代表が世界と戦うにあたって、それに最もフィットした布陣は4−4−2以外に無いし、個人の力で勝負しきれない現状ではSBによる攻撃の厚みは不可欠。
彼の攻撃参加のおかげで、どれだけスンスケが助かっている事か…

そんなワケで、サントスは日本代表には必要不可欠な存在なのであーる。

直前の試合で負けちまったから、単にゲン担ぎで出さなかっただけだろ松井はw…というのは蛇足でひと言。ジョーカーはここゾ!って時でイイジャナイカナ。
posted by 若狭 at 02:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 06日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。